オフィスコーヒーでホッと一息~ブレイクtimeはコレで決まり~

珈琲

より安い金額で導入

コーヒーを飲む方法

仕事中はどうしても途中で息抜きをしたくなります。そんな息抜きのお供と言えば美味しい「コーヒー」です。豊かな香り、苦みのある味とカフェイン効果が疲れた身体を癒してくれます。ここでオフィスコーヒーの歴史をみていきます。職場でコーヒーを飲む方法としては店頭で買って会社に戻ってから飲んだり、会社に設置されている自動販売機で購入するというのが従来の方法でした。しかしそれらのオフィスコーヒーはいちいち社外に出なければならなかったり、自販機のものは味が満足できるものではない場合がありました。そんな時登場したのがコーヒーマシンです。コーヒーマシンならば本格的な味のコーヒーが手軽な金額で飲むことが出来るとあって、急速に広がりをみせることになりました。

より安い金額で飲むには

ここではオフィスコーヒーに掛かる金額をみていきます。オフィスコーヒーは気軽な金額で飲むことが出来るというのが大事なので、なるべく安い方が良いです。店頭でコーヒーを買う場合、買うものにより違いますが100円から500円位の金額になります。自分の好みに合った味や量を選べたりしますが、金額が少し張ります。自動販売機で買う場合も70円位から120円位掛かります。ところが今流行りのコーヒーマシンならば、一杯20円から50円位の金額で飲むことが出来ます。味も香りも淹れたてが味わえる為、満足出来るものとなります。コーヒーマシンの設置は、マシンを購入するかレンタルするかの方法になります。設置した場合のランニングコストや利用者数等から購入・レンタルのどちらが良いか判断すると良いでしょう。