オフィスコーヒーでホッと一息~ブレイクtimeはコレで決まり~

珈琲

導入を検討しよう

コーヒーとその変遷

オフィスにコーヒーマシンを導入するケースが増えてきている。最近ではコンビニでのコーヒーなど本格的なコーヒーマシンによるコーヒーがブームになっているなどがあり、その流れでオフィスコーヒーを導入しているケースもある。 これまでのオフィスコーヒーでは、コーヒーメーカーなど簡易的なマシンで抽出するコーヒーが一般的であったが、最近ではコーヒー豆から自動で豆を挽き抽出してくれるものや、カプセル式のものなどが主流になってきている。また、業者によってはオフィスコーヒー用のマシン自体は無料で貸し出しをしているケースもある。 さらに、サーバーのレンタルやメンテナンスを含め提供している業者などもありサービス内容も様々となってきている。

オフィスコーヒーの導入

オフィスコーヒーを導入する際には、いくつかのポイントとなることがある。 まずは、コーヒーサーバーの準備がある。コーヒーサーバーの準備ではサーバー自体を購入する方法とレンタルする方法がある。購入するケースでは、購入時の初期費用は必要となるが、長期で使用する場合には安く利用できるということがある。 レンタルする場合には、初期費用を抑えることができ、低コストで導入できる。また、サービス内容によってはサーバーの維持保守を含め実施してもらえるものもあり、手軽に利用できる。最近ではマシン自体を無料で設置、コーヒー自体の売り上げで利益を得る業者もあり、より手軽に導入できるようになってきている。社員にとっても安く利用でき、最適となっている。